上腕骨上顆炎とは

テニス肘と言う疾患名を聞いたことがありませんか?

 

これは、テニス、ゴルフ、野球などのスポーツをするひとに多く見られる肘の病気で

 

正しい疾患名は上腕骨外側上顆炎と言いい、肘の外側のでっぱりについている筋肉の腱に強い負荷がかかることで炎症が起こり強い痛みを発症するようになります。

 

スポーツによって負担がかかる箇所が少し違うようで

 

上腕骨上顆の外側に炎症が起こる場合・・・テニス肘

 

上腕骨上顆の内側に炎症が起こる場合・・・ゴルフ肘

 

上腕骨外側上顆だけでなく上腕骨内側上顆でも炎症が起こる・・・野球肘

 

これらのスポーツだけでなく、最近は他にもパソコン操作をする人など、手を使う作業の人にも多く見られ

 

日常生活のなかで肘に負荷がかかるような生活をしていると上腕骨上顆炎をになることもあるようです。

上腕骨上顆炎の原因について

上腕骨上顆炎になる原因についてですが、テニス、野球、ゴルフなどスポーツによって負荷がかかるのが原因のほかに

 

上腕骨上顆炎が基本的に中年以降に発症しやすく若い世代の方ではあまり見られないため加齢からくる筋力の衰えが考えられるようです。

 

また、筋力の弱い女性が急に重たい物を運ぶ重労働なども原因になっている場合があります。

上腕骨上顆炎の症状

上腕骨上顆炎の症状についてですが、この病気の初期の特徴は、膝関節や股関節などと違い自分の体重の負荷がかかるわけではないので

 

あまり症状が現れにくいという特徴があります。多くの場合、安静時の痛みはありません。

 

日常生活では、物を持ち上げる瞬間に肘が痛くなるとか、タオルなどねじる瞬間に肘が痛くなるなど

 

手首を反らしたり、内外に捻ったり、力を入れて指を伸ばすと痛みが現れやすくなります。

 

また、テニス・ゴルフ・野球などのスポーツをしている最中に痛みが走ることもあります。

上腕骨上顆炎の治療

上腕骨上顆炎の治療法は、まず、痛みが発症したら、スポーツや肘に負荷のかかる作業はしないように安静にしましょう。

 

それでも、痛みが治まらない場合は、痛みを鎮める消炎鎮痛剤や飲み薬神経ブロック注射を患部に注射して痛みを鎮める薬物療法が行われます。

 

医者と相談して、一度使用してみると良いでしょう。このような症状が落ち着いた時期になれば、今度は患部を

 

冷やすよりも、逆にホットパックなどで温めるようにした方が痛みが抑えられます。

中川式ストレッチDVD

関節痛でお悩みの方へ!
元阪神タイガースのトレーニングコーチ、元・日本女子プロゴルフ協会など、数多くのプロスポーツ選手のトレーナーを経て、30年以上にわたり、これまでに延べ50万人にものぼる、あらゆる職業の老若男女の患者さんを笑顔にさせてきた中川卓爾先生の自宅にいて実践できる『中川式腰痛治療法DVD』をご紹介します。

 

中川式腰痛治療法DVD 中川式ひざ痛治療法DVD 中川式【首痛・肩こり】治療法DVD