自分ででききる肩こり解消方法「肩甲骨はがし」のやり方

私の周りでも、肩こりで悩んでいる人が多く、その多くの知り合いの仕事はデスクワークの机上の仕事が多い。厚生労働省の平成25年国民生活基礎調査によると、女性が感じる不調の1位は肩こりで、さらに男性でも2位と日本では多くの方が肩こりで悩んでいます。

 

肩こりの原因は何かというと、ほとんどが生活習慣によって発症するとみられていますが、いろんなことが重なっている場合もあり原因は一つとはいえないんだそうですが、緊張すると血流が悪くなり、筋肉が硬くなる。それによって肩こりなどの症状が起きると考えられおり、主に肩こりを起こしてしまう要因は以下のことがあげられます。

 

【肩こりを引き起こす要因】

  • 筋肉・・・同じ姿勢で作用をする、運動不足など
  • 骨・関節・・・猫背、なで肩
  • ストレス・・・自立神経の乱れなどによる血行不良
  • 神経・・・神経系の異常

また、肩こりの引き金になるのが、筋肉のツボのようなトリガーポイントや筋膜のよじれなどもあげられます。

 

日本人の3人に1人が悩んでいると言われていて、もはや国民病の一つの肩こり、原因も分からないことが多く厄介ですよね、しかし、その肩こりを緩和する「肩甲骨はがし」という方法があります。自分でできる方法で実際にやっている多くの人は、ずいぶん楽になったと効果を実感しているようです。

 

肩甲骨はがしの考え方は、首を支えている筋肉の多くは、肩と肩甲骨から首を支えているので、肩から肩甲骨を動かして首の筋肉をほぐすことが大切。肩こりをおこしている主な筋肉は、首を支えている一番大きな筋肉である僧帽筋です。僧帽筋は首から肩、背中までと広範囲に広がっている筋肉なので、肩だけ動かしてストレッチなどしてもあまり効果がありませんが、肩甲骨を動かすことで、僧帽筋の全体を動かすことができるので、肩甲骨を動かすストレッチが肩甲骨はがしです。それではやり方を説明します。

 

肩甲骨はがしのやり方

  1. 寄せる体操・・・肘を曲げて、肩の高さまで上げる。息を吐きながら5つ数えながらゆっくり後ろに引く。(3回)力を抜いて手を下す
  2. 回す体操・・・肘を曲げて肩より高く上げて後ろに引きながら回す(3回)

 

※無理をせすに行ってください。

辛い肩こり解消に『肩甲骨はがし』関連ページ

中川式首痛や肩こり治療DVD口コミ
頚椎椎間板ヘルニアによる首痛で苦しんでいた方など中川式首痛や肩こり治療DVDを実践した口コミ
中川式首・肩こり治療法DVD特典
四十肩・五十肩の痛みを自宅にいて実践するストレッチ中川卓爾の中川式首痛・肩こり治療DVDの特典・サポート情報。
ストレートネックとは?
パソコン作業などデスクワークの人に多いストレートネックについて。
肩こりや首痛とまくらの関係
肩こりや首痛の時はどんなマクラを選べばいいのでしょうか。
肩こりと肩甲骨の関係
しつこい肩こりで悩んでいる人も多いかと思いますが、肩甲骨がしっかり動いてない可能性があります。
トリガーポイント療法とは
東京慈恵会医科大学 ペインクリニック診療部長北原雅樹先生が行っている慢性的な肩こりを治療するトリガーポイント療法のやり方について掲載しています。