頚椎症とは?

首の頚椎の骨が加齢やスポーツによって負担がかかり変形し脊髄や神経根を圧迫し痛みやしびれ、麻痺などの症状が発症するのを頚椎症といいます。

 

頚椎を構成している椎骨の間には、椎骨と椎骨をつないでいる椎間板があります。この椎間板は、椎骨同士をつなぐだけではなくクッションとしての役割もしており、加齢などによって老化すると椎間板の弾力がなくなります。

 

すると、外部からの衝撃をストレートに受けやすくなり、椎骨同士が摩擦し骨棘(こつきょく)ができてしまい脊髄や神経根を圧迫します。このような頚椎の変形を「頚椎症」と言います。

 

頚椎症には種類があり、「変形性頚椎症」「頚椎症性脊髄性」「頚椎症性神経根症」の3つに分けることができます。

 

変形性頚椎症

肩こりや首の痛みだけの症状で手足のしびれなどの神経症状を伴わない場合を変形性頚椎症。

 

頚椎症性脊髄性

肩こりや首の痛みに加えて、両手や両足にしびれが伴う場合。さらに、箸が使いづらい、ボタンがかけにくいなど運動障害や、足元がふらつく、躓くなどの歩行障害がある場合は頚椎症性脊髄症。

 

頚椎症性神経根症

変形性頚椎症に加えて、頚椎から腕につながる神経根が圧迫されるために、腕にしびれや痛みが出る場合は頚椎症性神経根症です。

頚椎症の原因について

頚椎症の原因は、椎骨同士をつなぎ、クッションの役割をしている椎間板の弾力性がなくなり、つぶれたことで飛び出した骨棘という状態に変形したことが原因。

 

加齢による老化や力仕事やスポーツ、姿勢不良、小さな外傷の積み重ねとなど生活習慣により、頚椎の椎間板の変性や破綻が頚部の痛みや重苦、運動制限など頚部の症状として現れた状態です。

 

変形性頚椎症の場合は、首に痛みがでるだけで手のしびれや麻痺はありませんが、さらに進行すると、並んでいる椎骨の位置がずれてしまい中を通っている脊髄神経を圧迫し、頚椎症性脊髄性になります。

 

 

頚椎症の症状

主な症状

  • 手足のしびれ
  • ボタンのはめ外し、お箸の使用、字を書くことなどがぎこちなくなる運動障害運動障害
  • 肩が上がらなくなったり、肘が曲げにくくなったりする上肢の筋力低下
  • 脚がもつれ階段の上り下りが困難となる歩行障害

 

頚椎症の治療

頚椎症の初期は首をあまり動かしたりしないで安静にして頚椎への負担を少しでも減らすこと。まずは、安静にすることが大切です。

 

無理に首を反らしたり上を向いたりするのは避けましょう。頚椎カラーなどの装具を利用するなどして安静にしておく必要があります。

 

それでも改善されない場合の主な保存治療法は

  • 装具療法
  • 薬物療法
  • 温熱療法
  • 牽引療法などが挙げられます。

 

保存療法でも症状が改善しない場合には、手術療法が必要となります。

 

中川式ストレッチDVD

関節痛でお悩みの方へ!
元阪神タイガースのトレーニングコーチ、元・日本女子プロゴルフ協会など、数多くのプロスポーツ選手のトレーナーを経て、30年以上にわたり、これまでに延べ50万人にものぼる、あらゆる職業の老若男女の患者さんを笑顔にさせてきた中川卓爾先生の自宅にいて実践できる『中川式腰痛治療法DVD』をご紹介します。

 

中川式腰痛治療法DVD 中川式ひざ痛治療法DVD 中川式【首痛・肩こり】治療法DVD