四十肩・五十肩の原因

四十肩・五十肩は病名ではありません。40代から60代の世代に起こりやすいことから、四十肩や五十肩と呼んでいますが、正式には肩関節周囲炎疾患と言い肩関節の周囲に起こる炎症のことです。

 

原因は明らかになっていないのが現状で考えられているのは、腕のつけ根の摩擦や腱のすり減りにより薄化し、部分的に軽度の断裂や石灰沈着、姿勢の変化によって骨にかかってしまうストレスなどが痛みとなって現れてしまうと考えられており、中高年に多く起こりますが原因は明らかにされていません。

 

肩こりと四十肩や五十肩の違いは、肩こりは悪い姿勢や緊張により血液の循環が悪くなり痛みや張りなどの症状があります。四十肩や五十肩は腱の炎症により発症し、簡単な見分け方は、後頭部に手が届かないとか、後ろ帯が結べないなどです。

 

症状の多くが肩関節に激しい痛みやしびれが急に出てくる患者さんが多く、痛みが強くて安静にしていても痛みが治まらない方もいます。改善するには、長期間かかると言うイメージですが、中川式ストレッチを毎日実践することで痛みから解消されていきます。

 

病院などで安静にと言われても、改善さえないまま痛みと戦っている方はぜひこの方法を実践して改善していただきたいです。

中川式ストレッチDVD

 

関節痛でお悩みの方へ!
元阪神タイガースのトレーニングコーチ、元・日本女子プロゴルフ協会など、数多くのプロスポーツ選手のトレーナーを経て、30年以上にわたり、これまでに延べ50万人にものぼる、あらゆる職業の老若男女の患者さんを笑顔にさせてきた中川卓爾先生の自宅にいて実践できる『中川式腰痛治療法DVD』をご紹介します。

 

中川式腰痛治療法DVD 中川式ひざ痛治療法DVD 中川式【首痛・肩こり】治療法DVD