腰椎椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアの中でも一番多いといわれているのが腰椎椎間板ヘルニアです。背骨を構成している椎骨のうち下から数えて5つ、下部の腰の部分を腰椎と言います。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、椎体と仙骨をつなぎクッションの役割をしている椎間板が何らかの原因で変形てしまい、その一部が出てきて神経を圧迫して痛みを感じる症状を言います。

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因は、生活習慣などさまさまな事が考えられますが、避ける事ができないのが加齢による椎間板の老化の原因です。椎間板は20代に入るとすでに老化が始まっており、高齢になれば誰もが発症する可能性があるのです。

 

また、腰椎椎間板ヘルニアは加齢によるカルシウム不足によって骨がもろくなり、骨粗しょう症で椎間板を押しつぶしてしい発症する場合があるそうです。そのほかの原因は生活習慣によるものです。普段の生活の中での姿勢が背骨が曲がったり、骨盤の位置がずれたりするのも原因の1つです。猫背や前かがみ、骨盤のずれは放置しないで、早く改善するようにしましょう。

 

また、デスクワークなどで同じ姿勢で座っているのも腰に負担が掛かり腰椎椎間板ヘルニアの原因になります。そのため、腰椎椎間板ヘルニアは、高齢者だけではなく30代や40代の働き盛りの世代で多く発症しています。負担がかからないように30分おきに休憩をいれるなりの対策をしましょう。

腰椎椎間板ヘルニアでよく見られる症状

腰椎椎間板ヘルニアでの多く言われている症状が、片側のみの腰から足にかけての下半身の痛みやしびれです。もちろん、発生箇所や状態によって、個人差はありますが腰椎椎間板ヘルニアの場合は腰より下の下半身の痛みやしびれが大半で
次第に、前かがみの姿勢でも激しい痛みを生じるようになり、痛みをかばうために、体を横に傾ける姿勢を取るようになり、背骨が曲がってしまいます。

 

初期では、長時間立っていることや、座っていることもせきなくなり、次第に長時間歩くことができなく短時間しか歩けなくなります。特に、腰椎椎間板ヘルニアによって、坐骨神経に繋がる神経根が圧迫されると、坐骨神経痛を発症することもあるので注意が必要です。

 

さらに、悪化すると神経が麻痺して感覚がなくなり、全く歩けなくなる以外にも、排尿や排便の機能障害を起こすこともあるのです。他にも、運動障害による筋力低下、感覚障害で足に物が触れていても何も感じない症状も現れたりします。

腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアが発症すると手術をしなければ・・・と思っている方もいますが、
実は、軽い症状の場合は安静にしていることで症状が改善することがあります。

 

これは、本人が持っている自然治癒力により改善されたもので、腰椎椎間板ヘルニアのおよそ80-85%の症例は自然経過で軽快されています。
もし、少し痛みが強ければ、少しでも腰への負担を減らすために、コルセットを装着するなどして自分が一番楽な体勢で安静にすることが大切です。
また、知識のない人のマッサージなどは逆効果になる場合もあるのでそれは避けましょう。

 

痛みが激しい場合は、痛みの感じる神経の箇所にブロック注射で痛みを抑える治療や、内服薬としては、鎮痛消炎剤・筋弛緩剤・ビタミン剤などが投与されます。
また、理学療法という治療法も有効で、温熱療法・牽引療法・低周波治療などを行い痛みを取り除いていきます。

 

また、腰椎椎間板ヘルニアで行われる手術は、PLDDというレーザー治療があり、髄核にレーザーを照射することで、飛び出した髄核の一部分を取り除くことができます。
他にも、全身麻酔をして背中を切開し脊椎神経を圧迫しているヘルニアを取り除くLOVE法、近年では、MEDというヘルニアを摘出する内視鏡視下ヘルニア摘出手術なども行われています。