坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛を腰痛の一種の病名だと思われている方も多いかと思いますが、坐骨神経痛とは症状のことで病名ではありません。

 

坐骨神経は、お尻から太もも、ふくらはぎ、足の末端まで至る、脚の後面を通っている人間の体の中で最も長く太い神経になります。

 

そこにかけての広範囲にあらわれる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことを坐骨神経痛と言います。初めは軽い腰痛から発症し徐々に進行してお尻や足に激しい痛みやしびれなどの症状が現れます。

 

また、坐骨神経は脳から足に運動の指令を伝達している神経でもあります。場合によっては坐骨神経痛によって神経麻痺になり歩行障害になってしまうと言った危険も考えられます。

坐骨神経痛の原因について

坐骨神経痛の原因は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの腰椎疾患の症状として起こることが多い言われますが、それだけではなく様々な可能性が考えられます。

 

例えば転倒など原因とはっきりわかっているケースもありますが、全く思い当たるふしもなく、ある日突然痛み出すケースも多く存在しているのです。

 

【坐骨神経痛の原因となる主な疾患】

・椎間板ヘルニアの場合

腰椎を形成する椎骨同士をつなぐクッションの役割をしている椎間板がつぶれて変形し中の神経を圧迫し痛みなどの坐骨神経痛が起こります。

 

・脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の場合

高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症は、加齢により腰椎が老化し骨が変形し靭帯が肥厚することで脊柱管が狭くなって神経を圧迫されて坐骨神経痛が起こります。

 

・腰椎の分離やすべり症の場合

少年に多い腰椎の分離やすべり症の場合は、スポーツが原因となっていることが多く、腰椎が一部分が分離する腰椎分離症・椎骨が前後にずれる腰椎すべり症などの変形性腰椎症も坐骨神経痛の原因になります。

 

 

 

 

坐骨神経痛の症状

症状に関しては、腰やお尻辺りから太もも、ふくらはぎ、足の指先まで痛みやしびれを感じたり、神経麻痺で感覚がなくなって足に力が入らなくなったりします。

 

多くの場合は、左右どちらかに症状が出ますが、両方に症状が出る場合はより重症である可能性があります。

 

また、坐骨神経痛の症状の特徴として、前傾姿勢になると症状が軽くなったり、しばらく歩き続けると神経根が圧迫され、痛みがひどくなって歩くことができなくなりますが、少し休憩すると、また歩けるようになる間欠性跛行という症状が見られたりもします。

 

【主な症状】

  • ・腰の痛み、臀部の痛み
  • ・臀部、太ももの裏、足の痛み・痺れ
  • ・痛くて長時間座っていられない
  • ・前にかがめない、体を後ろへ反らすことができない
  • ・体を動かすと痛みやしびれが悪化していく
  • ・痛みのため歩行が困難になる
  • ・足に力が入らなくなる
  • ・足を触ると感覚が鈍くなっている

中川式坐骨神経痛の治療

当サイトで、ご紹介している中川卓爾先生の【中川式】腰痛ストレッチは、自宅でDVDを見ながらストレッチやエクササイズを実践していきます。

 

中川式ストレッチは誰にでも実践できる簡単なストレッチを短時間で実践できる内容になっています。隙間時間を活用して普段の生活の一部に取り入れ、忙しい方でしたら、朝3分、夜3分から始めて下さい。

 

病院の治療と大きく違う点は、一時的に痛みを取る方法ではなく、根本的な原因を改善する方法という事です。坐骨神経痛にも様々な症状がありますので、中川式治療法は、さまざまな方に対応できるようにカリキュラムを組んでいます。
自分がどの疾患のどの症状に近いのかをしっかり認識してから取り組んできます。

 

また、実践中不安点や、不明点は電話サポート、メールサポートが無料でついていますので、何でも分からないことがあれば相談することができます。